千綿偉功的日々 Hidenori Chiwata Official Website

 
千綿偉功的日々
Top Information Profile Discography
ワンマンツアー2012『サンキュー』@佐賀
ワンマンツアー2012
『サンキュー』@佐賀
Entry
Link
Archive
Chiwata's Diary
2017/08/17 16:53 『残暑お見舞い申し上げます』<10/1アコフェス詳細 UP!> <その他>

全国のみんな~、元気にしてますか~? お盆はどう過ごしていましたか? 残暑お見舞い申し上げます!と言いたいところですが、東京では「残暑」など何処へやらで、雨や曇りの日がずっと続いていて、最高気温も30℃に届かない、ここ数日です。今日もクーラー無しで過ごせるほど。なんだか、佐賀から帰って来たら、夏が終わってしまったような感じです。まさか、このまま秋へ・・・なんてことは無いですよね? 佐賀ではウダルような暑さで陽射しがあんなに恨めしかったのに、東京では太陽の光が恋し~い! もうちょっと「夏」を感じていたいな~と思う、今日この頃です。


さてさて。今年も、お陰様で、無事に8/5(土)、故郷・佐賀でのチャリティーライブ「HOME」が終了しました。2008年から始めたこのイベントも今年で記念すべき10回目ということで、やはり何か感慨深いものがありました。それは恐らく、他の出演者も、実行委員も、ボランティアスタッフも、そして観客の皆さんも、関わってくれたみんなが少なからず感じてくれていた事なんじゃないかな~と思いました。だからこそ、終わった後のアノ充実感というのか、喜びというのか、幸せ感というのか、とにかく、足掛け10年間続けて来て本当に良かったと心から思える、そんな今回の内容だったと思います。出演者みんな、それぞれに様々な想いを抱えながら、良いステージを繰り広げてくれました。お客さんの拍手や手拍子がきっと力になったと思います。暑い中、佐賀県内外から集まってくれた皆さん、本当にありがとうございました。千綿ファンも全国各地から沢山駆けつけてくれていました。本当にありがとうね。それから、毎年のことですが、僕らの想いに賛同していただき快くご協賛をいただいている企業様や個人様にも、この場を借りて改めて御礼を申し上げます(※今年は150件近くのご協賛をいただきました)。千綿ファンの中にも、個人的に協賛してもらっている方がいらっしゃるようで、本当にありがとうです。お陰様で、今年も延べ1000人ほどの方にお集まりいただき、事故やケガなども無く、無事に終えることができました。ありがとうございました。


20170805_1.JPG


20170805_2.JPG


20170805_3.JPG


20170805_4.JPG


そして。「HOME」当日、会場内で行なわせていただいた募金活動にも沢山の方からご協力をいただきまして、「世界の子どもにワクチンを」には『97,817円』(累計 1,513,684円)、「国内の災害支援義援金(東日本大震災/熊本地震/九州北部豪雨)」には『112,329円』(累計 743,330円)の募金をいただく事が出来ました。いただいた募金の内、「国内の災害支援義援金」に関しては、すでに、佐賀善意銀行を通じて全額を寄付させていただきましたので、ここにご報告させていただきます。「世界の子どもにワクチンを」に関しては後日、僕が東京の事務局に届けに行ってきます。今年も、募金にご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。


HOME募金_ポリオ.pngHOME募金_災害.png


あっ、そうそう。「HOME」当日の裏話なんですけどね。幾つかのサプライズがあって、個人的にも特別な日になったのでした。


まず。朝方8時すぎくらいに、ケータイに1通のメールが届いていて。「今日はHOMEだね! 台風近づいてるけど大丈夫かな? 成功を祈っています! 暑いけど頑張ってね!」そんな内容のメールでした。誰かと思ったら・・・。僕が21歳の時に最初にメジャーデビューした『CHASE』というユニットの、当時の事務所のディレクターさんでした。いつもはそんな事(※気にかけてメールなんて)するような人ではないので、何だかビックリ。一緒にお仕事をしていたのは今からもう20年ほど前のこと。それでも、ちゃんと情報を見てくれているんだな~って、『よっしゃ!頑張ろう!』って、朝から嬉しくなった1通のメールでした。


会場に到着したのが8時すぎで、諸々準備を終えて開演したのが正午12時。僕は基本的には控室にはほとんど居ず、会場内を行ったり来たりしながら見回っているんですが、ふと立ち止まってステージに目をやる僕の視界に右側からス~ッと入り込んでくる人影が。『んっ?何か見覚えのある横顔?』と思って良く見ると・・・。なんと、そこには、東京の自宅近くにある良く行く居酒屋さんで仲良くなった、その店の常連のお客さん。毎年夏に、佐賀でイベントをやっている事は、これまで僕が酔っ払った勢いで何度も話しているので覚えてはいてくれたんだと思いますが、ま、ま、まさか、わざわざ東京からこっそり観に来てくれるなんて思ってもみなかった事だったので、そりゃ~そりゃ~ビックリ。『え゛ーーー!なんでーーー!』って、嬉しいサプライズでした。


その後も会場内をウロウロしていると。またまた懐かしい顔を発見。今度は誰かというと・・・。ユニット『CHASE』時代に、最初に担当してくれたマネージャーさんでした。彼は実家の北九州に住んでいて、2014年の3月に恵比寿のswitchで『CHASE』のデビュー20周年ライブをやった時にも北九州から東京まで駆けつけてくれていたんですが、今回の「HOME」は、僕の今の耳の状態を気にかけてくれて「ちゃんと唄えるんだろうか?」という心配もあり、仕事を終えてわざわざ佐賀まで飛んで来てくれたのでした。日頃は会えなくても繋がってくれている人が居るってこと、有り難いね。これまた嬉しいサプライズでした。


そしてそして。この日、一番驚いたのが・・・。『なんでアナタがここに居るのーーー!』彼の顔を見つけた瞬間、いい意味で、空いた口が塞がらなくて、終いには笑ってしまいました(※嬉しさの余りね(笑))。麦わら帽子に黄色のグラサン、リュックを背負って足下は島ぞうり。出た、出た、出た、ナカノアツシ!!! 『アツアツ、えっ?なんでここにおると?』「10回目やからフラ~ッと観に来たわー!」ビッグサプライズ!! フットワーク軽すぎやろ!(笑) こんなバカでお茶目な同い年の唄うたい仲間が居てくれて、俺は幸せやな~と、久々に再会した彼の顔を見ながら心からそう思ったのでした。ホンマにありがと~ぅ。これからボチボチ復帰していくんで、また一緒にやろうな~。


20170805_5.JPG


他にも、同級生や先輩、後輩などなど、沢山の再会があった「HOME」Vol.10でした。


「HOME」の翌日は、ここ数年、毎年恒例になっている、佐賀のお祭り「栄の国まつり」に参加し、昔のバンド仲間等と一緒に山車を曳いて楽しんできました。博多山笠のような歴史もなく、規模も小さい、地方の街のこぢんまりとしたお祭りですが、年に一度、仲間たちと魂を震わせる、かけがえのない時間なんです。僕は、山車の前で綱を引くのではなく、前に動いて行く山車を、山車の後ろ側に2本付いている「舵棒」と呼ばれる棒で右へ左へと舵を切っていく役目なんです。腕の力だけではなく、全身に力を込めて、棒を抱え込むように動かさないと、重い重い山車は動いてくれません。翌日は体全部が筋肉痛で大変なんです(笑)。毎年のことですが、「HOME」の前準備 →「HOME」当日 → お祭り と、2週間程度のこの佐賀滞在を終えて東京に帰ると、内側から染み出してくるような充実感と心地よい疲労感とが入り交じって、数日間は何もしたくなくなります(笑)。そう、ウダ~~~ってしてる訳です(笑)。そんな訳で、佐賀から帰って来てもパソコンを開く気力も無く(笑)、中々Diaryを更新できずにいたのでした。はい、これ、また言い訳ですね(汗)。今年の夏も、みんな、ありがとうね。


20170806.jpg


こぼれ話。「HOME」には、企業様や個人様からご協賛をいただいていると言いましたが、中には、僕の後輩や同級生、先輩がやっている飲食店などからも協力をいただいています。ただ、佐賀に滞在している間に、その全てのお店に挨拶に回るのは時間的に不可能なので、行かなきゃいけないお店にも中々顔を出せないというのが本当のところなんですが、今回は、東京に帰る前に何とか1件、食べに行くことが出来ました。毎年「HOME」にご協賛いただいている「中華そば たんたん」です。(食ベログ https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41000317/)僕のお勧めは、カラくてウマい「担々麺」。ゴマのコクが効いたガッツリ味わえる一杯です。佐賀や北部九州の皆さん、お近くにお寄りの際にはぜひご賞味あれ。ちなみに、調理場で鍋を振っている店主が、中学校の時の同級生なんですが、「千綿」の名前を出しても特に何かサービスが出る訳じゃないと思いますので(笑)ご了承ください。


20170808_1.jpg20170808_2.jpg


今後のライブについて。


先日のDiaryでもお伝えしましたが、10/1(日)に横浜・山下公園にて開催される N.U. presents「ヨコハマアコフェス」に出演させていただくことが決まりました。今年も、大好きなアコフェスのステージに立てること、とても嬉しく、有り難く感じています。みんなの笑顔で、会場を一杯にしましょうね。詳しくは→コチラ


それから。アコフェスの6日後、10/7(土)にも、東京で誘われているライブがあります。まだ調整中の情報で申し訳ありませんが、決定の詳細が届いたらすぐにお知らせしますので、もうしばらくお待ち下さい。


さらに。こちらも毎年恒例になっていますが、今年も、佐賀のバルーンフェスタでのライブに声をかけていただいています。ただ、まだ、ライブの日程が確実ではなく、11/4(土)か5(日)のどちらかだと連絡をもらっています。恐らく、最終日の5(日)になる確率が高いと予想していますが、あくまで未確定、調整中の情報ですので、ご了承下さい。出演決定、日程確定しましたら改めてお知らせしますので、申し訳ありませんが、もうしばらくお待ち下さい。


さらにさらに。バルーンフェスタライブへの出演が決定したら、せっかく佐賀へ行くので、こぢんまりとで良いので何か1本、気楽にライブをやろうかな~とも考えています。今年は、本来ならば、2年に一度の佐賀での手作りワンマン『紡~つむぎ~』の年なんですが、いかんせん、今の自分の諸々の状態を考えると、余裕を持って開催できる「気持ち」の準備が整っていないので、『紡』の開催は来年に持ち越そうと思っています。そんな事もあり、今秋、バルーンフェスタに帰れたら、昔やっていた「SECRET NIGHT」のような感じのライブをやってみようかと考えています。日程の候補は、11/3(金祝)、この日一本に絞って会場は仮押さえしています。こちらもまだ調整中の情報で申し訳ありませんが、取り急ぎ「予定」だけでもと思い、伝えさせてもらうことにしました。ご理解いただけると幸いです。


長くなってしまってゴメンね(汗)。ではでは、今日はこの辺で。離れていても繋がってくれているみんな、首を長~くして待ってくれているみんな、本当にありがとうね。高音の耳鳴りは依然ずっと続いているけど、もうこれは慣れるしか無いみたいで、ある意味、もう「腹は括って」います。後は上手く付き合いながら、ボチボチ復帰していくので、また全国のみんなと会える日を楽しみにしていますね。


そいぎんた、またね。元気にしとかんばよ~!

Search
千綿偉功トリビュートアルバム公式Facebookページ
千綿偉功
トリビュートアルバム
公式Facebookページ
The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~
『The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~』
千綿偉功
お問い合わせ窓口
(株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com
Hidenori Chiwata Official Website
 
千綿偉功お問い合わせ窓口 (株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com